プログラム

今日は指定サイズで画像をランダムにクロップする方法を紹介します。

ランダムクロップが何の役に立つかピンとこない方もいると思います。

用途としては、例えば、AIの学習用画像を水増しするときや、画像をランダムに切り出したいときにとても便利です。

一枚の画像から何枚でもクロップ画像が ...

プログラム

左側がPillowを使った文字表示で、右側がOpenCVを使った文字表示

今回は、Pillow を使った場合と OpenCV を使った場合の2パターン紹介します。

今回の方法は、かなり前に紹介した物体検出AIプログラム(ウェブカメラで物体を撮影し、SSDで物体検出して数量や物体名をリアルタイムに画面表示 ...

プログラム

Numpyをもっと深く知りたい方へ。かなりマニアックです。

NumPyのメモリ管理方法

NumPy配列とメタデータは、特定のデータが格納されるデータバッファという専用のメモリ領域に置かれており、一旦NumPy配列を初期化したら、メタデータとデータは、ランダムアクセスメモリ(RAM:Random Acce ...

プログラム

画像ファイルの読み込み

大きく2つの方法があります。

ひとつは OpenCV を使う方法。もうひとつは Pillow を使う方法です。

順に説明して行きます。

OpenCVを使う場合

OpenCV で画像を読み込むには cv2. imread() を使います。

読み込ん ...

プログラム


物体検出プログラム

先日の記事で小さな物体を検出する方法を紹介しました。

今日はそのソースコードを解説します。

なお、プログラム作成にあたり以下の本を参考にしました。

import osimport cv2import sysimpor

プログラム

今回の検証アイテム(おひなさまチロルチョコ)SSDとは

SSD(Single Shot MultiBox Detector)は2016年に提案された物体検出モデル(ディープラーニングモデル)です。

特徴は、画像に8732個のデフォルトボックスを敷き詰め、デフォルトボックスごとに位置推定とクラス分類を行う ...

プログラム

画像分割のやり方

以下のプログラムを実行してください。

なお、フォルダ名や画像ファイル名はみなさんの環境に合わせ変更してください。

# 画像分割 sepa.pyimport osimport cv2import numpy as np# 画像読み込みimage = cv2. ...

プログラム

NumPyとはNumerical Pythonの略称
科学技術用途を中心としたプログラミングで高い利便性を持つライブラリ
Pythonで数値計算するための基礎的なライブラリ
PythonはJavaやCに比べ処理速度が遅いという弱点があるがNumPyが補ってくれる
C/C++やFortranのコー ...

プログラム

画像分類、物体検出の学習に必要なモデル一覧

代表的なモデルを以下にまとめます。なお、本内容は「トランジスタ技術 2019年11月号 P30-31」を参考に僕の方で多少追記しています。

タス
クモデル名概要画像分類AlexNetトロント大学のGeoffry Hintonらのグループにより提案され ...

プログラム

glob.glob()でファイルを読み込んだとき、ファイル名が数字であっても昇順に読み込めないことがある。

例えば、数字の小さなファイル名順に読み込んで欲しいのに、実際は 1.jpg、10.jpg、2.jpg、20.jpg のように読み込んでしまう。

そんなときは、「natsort」という ...